おなかにいっぱいあやかしの種をちょっと違った視点で見てみる。

おなかにいっぱいあやかしの種?何だか不思議なタイトルですよね。

 

私は読み始める前に「あやかしの種ってことはどうせ精〇だろう。おなかにいっぱいってことは主人公の少女が無理やり犯されて無理やり中〇しされ続けるような、ちょっとありきたりな陵辱系のマンガなんだろうな」と思っていました。

 

ところがどっこい。

 

「あやかし」というのはオバケや妖怪のようなことを意味するみたいで、あやかしの種というのは妖怪やオバケの精〇といういみだったんですね。
だとしても「じゃあ非現実的なストーリーで妖怪に犯され続けるような漫画なんでしょ?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

 

半分間違いで、半分正解です(笑)

 

主人公の少女の「あかる」はちょっとおっぱいが大きいくらいの普通の女子高生なのですが、自然とあやかしが見えてしまう特殊な能力を持っていました。

 

あやかしは普通に人間界で人間として人間界の姿で人間たちと暮らしているのですが、あやかしが見える人にはその姿は妖怪として見えます。

 

妖怪の姿が見える女には子孫を残すことが出来るので、あやかしたちは主人公のあかるを襲おうとしてくるわけです。

 

あやかし界の長、「麒麟」はあやかし達の絶滅を防ぐためにあやかしの精〇を集めているのですが、あかるが妖怪の姿が見えることに気づきあかるにあやかしたちの精〇を集めてもらうようにお願いするのです。

 

初体験もしたこともないあかるはそんなのを承諾するはずもないのですが、あかるのことを気に入った麒麟は精〇の集め方の講習と言って、あかるを手ほどきするのです。(まるで風俗の面接物のAVみたいですね(笑))
ネタバレになりますが、初めてのHシーンはこの麒麟との手ほどきHです^^

 

麒麟に協力すれば目を治せる人に出会えるかもしれないということもありますが、半ば無理やりあやかしの精〇集めに励むようになるわけですが、麒麟の念力付きの精〇を初めにあかるに植え付けてあるので、麒麟の強大な念力を超えるあやかしでないとあかるに妊娠させることは出来ないので安心なのです(笑)

 

おなかにいっぱいあやかしの種はとにかくイラストとストーリーがとてもいいです。

もちろん数々のエロシーンはヌキどころ満載で申し分ありませんが、初めに「どうせちょっとありきたりな陵辱系のマンガだろう」と思っていた私にとっては普通の面白い漫画を読んでいるような感覚でエロマンガを読んでいることに気づき、続きが読みたい一心で次々と今出ている全話をコンプリートしてしまいました。

 

おなかにいっぱいあやかしの種はコミなびというサイトで読むことが出来るのですが、1話50円・2話分がセットになっている「巻」というのが1巻100円でダウンロード出来るのですが、「巻」で購入したほうが後でも断然読みやすいですしオススメです。

 

私の場合は先に1話を買ってから「おなかにいっぱいあやかしの種」が気に入りすぎて巻購入をしたので50円分ムダにしてしまいました。。。(笑)

 

皆さんはそんなことのないようにもし本編を購入するの織であれば1話ごとに買うのか、1巻ごと買うのかをしっかり考えてから購入したほうがいいと思います。

 

とは言ってもいきなり本編を買って自分の好みに合わなければ後悔してしまうかもしれませんので絶対に本編を買う前には無料サンプルを見たほうがいいです。

 

もし本編が見たければ、コミなびの公式サイトで最低300円のコースがありますので、おなかにいっぱいあやかしの種を今配信されている3巻まで全て見ることができます。

 

支払い方法は携帯電話の通話料金と合わせることも出来ますし、クレジットカードで支払うことも出来ます。
利用明細には間違っても「おなかにいっぱいあやかしの種」等とエロ本と分かるような名前で載ったりしませんので安心して下さい(笑)

 

「おなかにいっぱいあやかしの種」はインターネット上では無料で見ることが出来ません。

おなかにいっぱいあやかしの種は公式サイトとしても有料で配信しているものですし、「おなかにいっぱいあやかしの種」の著者である佐藤沙緒里さんの著作権侵害にもあたりますので、本編の切り抜きをインターネット上で掲載しているサイトはかなり重大な罰則を浴びせられることになります。

 

上記の理由からおなかにいっぱいあやかしの種を無料で読むことが出来るのは無料サンプルのみになります。もしPDF等の無料ダウンロード等を促すサイトがあった場合ほぼ確実に個人情報の抜き取りかウイルスデータのダウンロードだと思いますので、1話50円から楽しめるのであれば公式サイトで安心して楽しむことを絶対にオススメします^^